Toycode Android (mobile-日本語)

PWメモ

Top

概要

複数のWebサイトや、銀行、クレジットカード等のIDやパスワード、暗証番号を覚えておく事は困難なのでメモしておくためのアプリです。

IDやパスワードは暗号化(AES128bit-CBC)して保存されます。初回起動時に決めたマスターパスワード(変更可)を知らなければ、IDやパスワードを見られないようになっています。

特徴

  • 無料、オープンソースなので、プログラムの中身が確認できます。GitHub に置いてある PWメモのソースコード
  • 広告は入っていません。外部ストレージ(SDカード)の読み書き以外のパーミッションは必要ありません。
  • データは暗号化(AES128bit-CBC)され、アプリケーションの保存領域(内臓ストレージ)に保存されます。
  • 一定時間放置すると、再度マスターパスワードを入れないとデータを読み書きすることができません。Android端末や、タブレットをうっかり置き忘れても大丈夫です。
  • データをバックアップ等の目的で暗号化して、SDカード等に書き出すことができます。
  • ボタン、メニュー等は日本語化されています。日本語環境以外では英語で表示されますが、作者の母国語は日本語なので英語の正しさは保証されません。
  • 書き出されたデータは json 形式のデータを暗号化したものです。コマンドラインのopenssl ツールで生のjson形式にエンコード/デコードできます。
  • マッシュルームに対応しています。
  • タブレットに最適化はされていませんが。動作確認は行っています。(MOTOROLA XOOMにて動作確認)

インストール方法

アンドロイドマーケットからダウンロード&インストールしてください。もし何らかの事情でアンドロイドマーケットからダウンロード出来ない場合は、https://github.com/HiroshiOkada/PwMemo/downloadsをお使いください。

マスターパスワードの設定

最初に起動したときは画面のようなマスターパスワード設定画面が表示されます。4文字以上のパスワードを入力して下さい。任意の文字が使えますので日本語文字や空白を含めるのもよいでしょう。なるべく長い物を設定する事をお勧めします。

メイン(一覧)画面

このアプリのメイン画面です。上部に「鍵」「追加」「閉じる」ボタンが、その下に入力したデータのタイトルが並んでいます。(未だ何も入力していない場合は「データがありません」と表示されます。)

一定時間操作しなかったり、鍵ボタンにタッチすると鍵が「閉じた鍵」状態になります。この状態で、データを閲覧、編集、追加しようとすると、マスターパスワードの入力が求められます。「閉じた鍵」状態の鍵をタッチしても同じように、マスターパスワードの入力を求められます。
正しいマスターパスワードを入力すると、鍵が「開いた鍵」状態になります。

「追加」ボタンを押すと新規データ編集画面になります。

データのタイトルをタッチするとデータの編集/閲覧画面に切り替わります。

コンテクストメニュー

データのタイトルを長押しすると次のようなコンテクストメニューが表示されます。

この状態で「ユーザー名をコピー」「パスワードをコピー」を押すと、ユーザー名やパスワードがコピーされます。

オプションメニュー

メイン(一覧)画面でAndroidの【menu】ボタンを押すと次のようなオプションメニューが現れます。

  • 「読み込み」データをSDカード等から読み込む画面を開きます。
  • 「書き出し」データをSDカード等やメールに書き出す画面を開きす。
  • 「設定」設定画面を開きます。
  • 「ヘルプ」Webブラウザーを起動して、このページを表示します。

新規 編集/閲覧

メイン(一覧)画面で、「追加」ボタンを押すと新規データ画面が開きます。また、メイン画面でデータのタイトルをタッチすると、データを編集/閲覧する画面が開きます。

新規と編集/閲覧画面での操作は共通となっています。

最初の入力欄はタイトルの入力欄です、ここで入力したタイトルがメイン(一覧)画面で表示されます。タイトルは暗号化されず、メインパスワードを入力しなくても見ることができるので、ここに機密情報を入れないで下さい。

二番目の入力欄はユーザー名の入力欄です。サービスのユーザーID等を入力して下さい。

三番目の入力欄はパスワードの入力欄です。編集/閲覧画面ではパスワードは表示されていますが、メイン(一覧)画面で長押しに出てくるコンテクストメニューから「パスワードをコピー」を選べば画面にパスワードを表示することなく、パスワードをクリップボードにコピーすることが出来ます。

四番目の入力欄はメモ欄です、この欄には複数行の入力ができますので自由にお使い下さい

各入力欄の横にあるコピーボタンを押すと入力欄の内容をコピーすることが出来ます。

「OK」ボタンを押すと編集内容が反映され、メイン(一覧)画面にもどります。

「取り消し」ボタンを押すと、今までの編集内容は無かったことになり、メイン(一覧)画面にもどります。新規画面のときはデータが作成されません。

データの削除

編集/閲覧画面で【menu】ボタンを押すと削除オプションメニューが現れます。

削除を押して、ダイアログで「OK」を押すとデータが削除されます。

書き出し

メイン(一覧)画面で、Androidの【menu】ボタンを押し、「書き出し」を押すと書き出し画面が表示されます。この画面で全てのデータをSDカードに書き込んだり、メールに添付したりすることが出来ます。

書き出したデータは、後で読み込んだり、別な Android 端末で読み込んだりできます。

また、Linux や cygwin の openssl のコマンドラインツールで json 形式のテキストデータに復号することができまので、万が一 Android 端末を紛失、破損してしまった場合でもデータを失わずにすみます。

データを書き出す前にまず、書き出し用パスワードを入力して下さい。SDカードやメールは Android の内蔵メモリ(ストレージ)より容易に読み書きができるので、マスターパスワードより複雑なパスワードを設定する事をお勧めします。

次にSDカードに書き込む場合は、ファイル名を確認して書き込みボタンを押してください。(なお、OI File Manager というファイル管理ソフトがインストールされていれば、ディレクトリの選択等が楽におこなえます。

また、メール等に添付する場合は、書き出しボタンを押してください。なお DropBox がインストールされている場合は DropBox フォルダーに書き出す事ができます。

読み込み

メイン(一覧)画面で、Androidの【menu】ボタンを押し、「読み込み」を押すと読み込み画面が表示されます。この画面で書き出してあったデータを読み込むことができます。

データを読み込む前にまず、読み込み用パスワードを入力して下さい。これは書き出すときに設定したパスワードと一致している必要があります。

次に読み込み用むファイル名を設定して下さい。(なお、OI File Manager というファイル管理ソフトがインストールされていれば、ファイルの選択が楽に行えます。)

読み込んだデータで今まで入っていたデータを上書きする方法が2種類の中からえらべます。マージ(結合)を選ぶと、タイトルとユーザー名が一致するデータはパスワードやメモが違っていても上書きされます。挿入を選ぶとタチトル、ユーザー名、パスワード、メモ、全てが一致するデータだけが上書きされます。したがってタイトルやユーザー名だけが一致するデータは複数になります。

設定

メイン(一覧)画面で、Androidの【menu】ボタンを押し、「設定...」を押すと設定画面が表示されます。この画面で自動ロックに関する設定やパスワード変更、全てのデータの消去が行えます。

自動ロック
自動ロックが有効になっていると、一定時間操作しないと自動的にロック状態になります。有効にしないとアプリケーションを本当に終了するか、閉じるボタンやロックボタンを押すまでロック状態になりません。
自動ロックになる時間
自動ロックが有効の場合、自動ロックになるまでの時間を選択します。
パスワード変更
マスターパスワードを変更します。
すべて削除
マスターパスワードと保存されているデータを削除します。確認ダイアログがでます。ダイアログにOKと答えるともとに戻せないので注意してください。

暗号形式

暗号化に使用するアルゴリズムはすべて openssl aea-128-cbc 互換のもので、AESについては、Android 内蔵のエンジンを使用しています。

最初に、SecureRandom を使って、データを暗号化するための内部パスワードを生成します。

内部パスワードは、入力したパスワードによって暗号化され、内蔵ストレージに保管されます。

タイトル以外のデータは内部パスワードによって暗号化され、内蔵ストレージに保管されます。

書き出したファイルは、JSON 形式のデータを openssl aes-128-cbc モードで暗号化したものです。

openssl のコマンドラインが使える場合 % openssl enc -d -aes-128-cbc -in data.pwmemo と入力した後パスワードを入れることでデーコードできます。

back

WiFi State

Top

概要

WiFi の SSID と IPアドレスを表示するホームスクリーン Widget です。クリックすると無線とネットワークの設定画面が表示されます。

インストール方法

Android マーケットよりダウンロードしてください。

インストールした後、「ホームスクリーンを長押し」→「ウィジェット」→「Wi-Fi State」 の順で選んでください。文字が小さすぎると感じる場合は「Wi-Fi State (Large Font)」の方をご利用下さい。

ソースコード

GitHub にてソースコードを公開しています。 WiFiState

back